本文へスキップ

当社は、日々、言葉を追いかけています。言葉を素材にして、人、組織、市場、社会を分析しています。

株式会社シードウィン ご相談・ご質問

言語学者は、単語の発生を考える。単語が平均的に使われる意味・状態を研究する。文章分析をする私たちは、作者が文章を書くときに、その単語を選んだ環境を推し量ろうとする。作者にとっての単語の意味、理解の深さを取り出そうとする。作者を理解しようとする。


《卓越を目指す》 知識活用を知る 2019/11/22
自らへの最適の問いは、自らがなすべきことを示す。

  • 一つの仕事をするために、どれほどの知識と技術が必要かを考えてもらおう。一人だけで出来る範囲、他の人の知識・技術を必要とする部分、他の知識技術と重なる状態を知る。新たな仕事、可能性への挑戦をするとき、知識として検討すべき事柄を考えられるようにしよう。一つの仕事をしながら、周りを観察する習慣をつけるようにし、知識化する。☛次回更新は11/25です。

更新のお知らせ

●2019/09/26
文章分析
サブ品詞コード単語別科学コードを追加しました。
●2019/09/25
商品サービス文章分析の種類と概要書類」 
組織の活動力を増大させる。
●2019/09/25
文章分析】 「分解時の品詞コード」
を更新しました。

更新(2019/11/01) 
毎月初に更新
社会変化の観察】「全国紙社説を分析値グラフで追う」「全国紙社説キーワード変化を追う
●毎週更新(2019/11/18)【会員ページ】≪資料閲覧ページ≫

バナースペース

→四則計算と言葉の想で脳楽判定

貴方の脳がどれほど楽をしているかを判定するゲームです。 名付けて≪脳楽判定≫です。簡単な四則計算40問と、言葉の連想10問の回答でお楽しみ下さい。

会員様 資料閲覧ページ




実践と事例など、皆さんとの研究サイトです。2001年から現在までの全国紙社説のタイトル一覧を掲載。日本の全地方紙とリンク。現代の動きを観察。当社が設計、実施するセミナー、大学、大学院、企業内講座等での学習テキストを掲載。掲載ページが多量のためPC版での閲覧となります。