◆四則計算と言葉の連想で脳楽判定≪悩ましげ版≫    
― 計算と連想で脳がどれくらい楽をしているのか判定します ―


この脳楽判定は計算問題と言葉の連想にかかった回答時間により
5000通りの判定結果が用意されています 
ウォーミングアップ版の脳楽判定へ

計算スタートボタンを押すと四則問題10問、虫くい算10問、左の数字をそのまま入力が10問、1を足して入力が10問とスタート時間が掲載されます。

回答を入力して頂いたら必ずEnterキーで確定して下さい。答えが間違っていたら回答は消され先へは進めません。また必ず左から順番にご回答下さい。

40問全ての回答が終了したら計算終了ボタンを押して下さい。
終了時間と回答時間が掲載されます。
                                                            






        
        
        
        
        
        
        
        
        
        
               
   計算スタート時間:  計算終了時間:   回答時間:





連想スタートボタンを押すと順番に1から10まで左側に任意の言葉が掲載されます。 この任意の言葉には右側の5つのNGとされる言葉が設定されていますので、それ以外の言葉を連想して入力してください。

連想された言葉を入力したら、必ずEnterキーで確定して下さい。確定後はNG言葉と照合され、一緒の場合はメッセージが出ますので、他の言葉を再度入力して下さい。NG言葉でない場合は次の任意の言葉が表示されます。

10単語の連想が終了したら連想終了ボタンを押してください。
       











 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
               
計算と連想で脳楽判定
判定結果は左のボタンを、チャレンジして頂いた方々の回答時間の分布を見るには右のボタンをクリックしてくださいね
   

● 作成者メッセージ ●
判定結果をご覧になりいかがでしたでしょうか?
前回よりも少し悩ましげな問題にしてみました。回答時間を測定していますので焦った方もいらっしゃった事と思います。スピードが要求される世の中ですからね。でも、この脳楽はスピードだけでは駄目なんです。きっちりと正解しないといけないようにしています。脳をフル回転させている方は少々楽をさせてあげて下さい。また、ご自身で脳が楽をしているなあと感じている方は、たまには学生時代に戻った気分で判定してみて下さい。

簡単な四則計算は考えることの最小単位。
1単語の連想は飛躍への願望。
この二つで、左脳と右脳への働きかけを試しています。

時間測定は、一瞬によぎる思い。
これで脳楽(脳がどれくらい楽をしているか)が見えてきます。


※判定結果は計算問題4種類のそれぞれの回答時間と、言葉の連想の回答時間の5つより総合的に判定されています。よって5000通りの判定コメントがご用意されています。




▲このページの上へ

copyriht© SeedWin all rights reserved.