知識、情報、社会現象の絡み合いを解きほぐし、機会を明らかにします
03-6811-1233
研究および開発課題 | 文道(文章分析)の実績

研究および開発課題

◆日常調査 言語分析エンジンを使って分析を行い、表現に関わったターゲットとなる数値と単語、分析に関わる基準値変化を求めている。
(1)表現基準調査 言葉は時間経過によって変化していく。文化や社会状況によっても変化する。常に観察が必要となる。◆2001年1月1日から全国紙5紙の社説を毎日収集。1ヶ月単位で分析し、表現構造、意識変化を観察している。◆2013年12月からブロック紙4紙を分析に追加した。
(2)職位と職種と思考表現関連調査 機会あるごとに、職種、職位と思考表現構造を対比を行い、データベース化している。職位的思考、職種的思考の基準を求め、年単位での変化を求めている。
(3)組織ベクトル調査 一組織の新人を除く分析人数が100人を超えたとき、組織の表現&思考のばらつきを求めている。同業種内での組織の違い、業種に応じての特徴、組織をまたがって職種の違いなどを求めている。
◆研究課題 言語分析は手法だけの問題ではない。言語分析は分析するだけで目的を達成できない。社会の現象、組織、個人の行動と思考と深い関係がある。言葉はコミュニケーションの道具であるから、言葉の意味だけでなく、選択される所に意味を持つ。研究対象は言葉を中心にして、社会、組織、知識、認識、等々と関連してくる。そこで、言語分析を進める上で、下記のような事柄が必然になってきた。
(1)日本語分析エンジン 10年以上言語分析の可能性を探っているので多くの事柄については、実践可能になっている。分析から何が分かるかではなく、分析エンジンが、多量データから知覚できる範囲を広げようとしている。
(2)人文組織工学 多種、多様の分析結果を何十万と保有している。それらから導き出される事柄を人、組織、社会に関わる所に分類して、全分析結果の共通するところを取り出して、体系化を図っている。
(3)教育構造学 インサイド、アウトサイドからの教師、学生から定性データを収集し、分析をしている。これらの結果から、教育手法の原則を導きだそうとしている。教育行動、効果、教育が影響するところ、時間経過と習得の関係、教育と行動の関係を体系化している。
(4)意識カテゴリー 情報と知識が世界を駆け巡って、混合され、融合し、反応して、現象を作り出している。カテゴリー意識は必要であるが、規定されたカテゴリーが正しいとは限らない。日々、科学が進歩し、現象が変化している。大半は既存カテゴリーで解決できるが、先端を行こうとすると既存カテゴリーから逸脱する。問題とするカテゴリーの存在を明らかにしようとしている。
(5)価値分析 代価と行動、思考と選択、創造と維持等々の関わりから価値の所在を取り出す試みをしている。多量データからの漠然とした価値観は抽出できるようになっている。または、グループが固定されれば可能になっている。但し、一つの現象が一つの価値観から現れておらず、階層に分類されていて、影響しあっている。これらを分類し、価値相関を求める。
(6)株価予想分析 社会・産業分析である。3ヶ月以上先の変動に関連する基本的事象を抽出する。現段階では変動要因を抽出し、影響率の計測を試みている。検証回数は少ない。
◆開発課題 開発課題には、日常調査と研究課題の結果が反映されて、組み込まれていく。
(1)日本語分析エンジン ASPとして一部の機能は実現している。ASPとして分析のあらゆる分析機能を搭載できるように進めている。
(2)英語分析エンジン 2010年から開発に入った。現在も進行中。日本語分析のレベルまでは達していないが、日々、進んでいる。2013年末から、一部のレポート群では、実際の評価システムとして活用している。
◆完結している分析技法
《日本語標準分析項目》 200文字以上の文章、語句を分析すると以下の項目が標準として出力される。
分解数202項目 分析値35項目 分析16項目 分析評価点16項目 知力13項目
知力スタイル10項目 表現技術評価1 表現技術評価2 論述構造評価 全体キーワード群
全体感想単語群 個人・全体習慣用語 不可キーワード群 漢字かな比率 個人別キーワード
個人別感想単語 個人別ワード 個人・全体付属語 個人・全体類語 個人・全体反意語
キーセンテンス 近似文a 近似文b 適性スタイル 思考表現スタイル
《文字の複数データ》       
カテゴリー自動分類  グループ分類   ワード・クロス 意識ギャップ  認識重要度 
集中分野区分&集中度 趣旨絞り込み検索  文or文章からの検索     




会社情報


会社概要
ミッション

 

文道を元にした科学

 
 人文組織工学
新しいモノサシでのご提案
≪言葉を素材にした分析論≫
最大成果を目指して
文章分析の役割
[638KB]
同基準で比較できる数値変換
文章分析へのアプローチ
[482KB]
分析の種類とさまざまな測定
文章分析の基本機能[427KB]
日本語の構造と分析値の種類
分解・分析手順
[658KB]
表現スタイルから見る職種
職種と文章心電図[1087KB]
表現力測定から研修効果まで
アウトプットサンプル
[688KB]
会員様 資料閲覧ページ
実践と事例など、皆さんとの研究サイトです。 
2001年から現在までの全国紙社説のタイトル一覧を掲載。
日本の全地方紙とリンク。現代の動きを観察。
当社が設計、実施するセミナー、大学、大学院、企業内講座等での学習テキストを掲載。