自らの得意、自社を、社会で最適に機能させるために知識を機能化させます

教育効果への視点と体制(教育構造学)

 教育の目的は学習者に活躍してもらうことである。知識供与だけでは効果は上がらない。知識を活用し、応用し、自らの活動の範囲を広げられなければならない。学習者自身が、さらに知識を発展させ、創造し、資源に変えて市場に投入できるようになってもらう。自らをより強い状態に、みずからができるようになってもらう。
 教育は伝えた事柄が、伝え終わったときには使えねば意味がない。知識をもって社会や人を見て、ともに生かせるようにする。これらにできるだけ近づけられる教育体制を組み立てる。


 すべてPDFファイルになっています。
◆AIの前提
教育体系を機能化する要素[216KB] 知識を資産にする[189KB]
最小区分の1つの知識の構成[166KB] 伝える、考える、行動の方向[243KB]
知識生成のサイクル[258KB] 前提は知識の核になる[221KB]
個人が知識体系を構築する知力[281KB] 知識生産(展開)の視点[192KB]

◆伝達構造
伝達構造のフレームワーク4p[356KB]








会社情報


会社概要
ミッション

 

文道を元にした科学

 
 人文組織工学


言葉を素材にした分析論

 
 文章分析の意義[379KB]
 文章分析へのアプローチ[446KB]  
 文章分析の基本機能[425KB]  
 分解・分析手順[706KB]  
 職種と文章心電図[1052KB]  
 アウトプットサンプル[646KB]